今、「日本で一番餃子がホットな場所は?」と聞かれたら「宮崎」だろう。

宮崎の餃子の歴史は古く、第二次世界対戦後の旧満州から帰国した人たちが広めた地域のひとつで、実は餃子とは根深い地域だ。

宮崎餃子の特徴は、特にルールがないこと。
具も、皮もお店によってさまざま。その型にはまらない自由さが、飽きずに餃子を美味しく食べられている理由なのかもしれない。
「餃子」に対して必要以上のルール決めや、独占ビジネスとして束縛しようとする行動をあざ笑うかのような自由さだ。

餃子協会は、そんな「宮崎県」を「日本で餃子を一番愛している県」として、今後も積極的に紹介していきます。

ーーーーーーー
黒兵衛
ぎょうざの丸岡
馬渡餃子
ーーーーーーー
※文章の一部に間違った情報があったため修正しました。失礼いたしました。
※こちらの記事が2016年6月に公開したものではなく、投稿日を偽って掲載したという誤った情報もいただきました。発信先は特定しています。当時facebookでシェアしていただいた方や「いいね」ボタンを押していただいた方へ、これ以上の何らかの「侮辱」があった場合はお知らせください。餃子協会は迷惑行為の根源について厳正に対処いたします。