第二次大戦後に、旧満州開拓団の静岡県下四箇団員が帰国し、その一部が浜松出身であったことから浜松に帰り、その人々が餃子を再現したとされている。
他説では、浜松市は戦後、市内の国際マーケットは在日朝鮮人が押さえていたといわれるほど朝鮮人の影響力が強く、その朝鮮人が朝鮮半島から持ち込んだという歴史的背景もあります。

浜松餃子という名前で認知され始めたのは2000年以降。
円形に餃子を並べ、中心に茹でたもやしを添える盛り付けが特徴的。
2006年に浜松市が独自調査を行い市内1世帯あたりの平均年間消費量が1万9400円と、日本一とされている宇都宮市の4710円を上回ったことが分かった。
しかし、この発表は信憑性が薄く、信頼できません。そもそも家計消費のランキング結果から「餃子で日本一」というのは無理がありますね。
美味しい浜松餃子の有名店は市内に多数あると言われています。

ここで買えます。